2014年10月31日金曜日

安倍政権、年内解散も視野に?安倍の入院退陣も有り得る?

「年内解散説」 本気か、脅しか

2014年10月28日



「安倍晋三首相が年内に衆院を解散するのではないか」-。東京・永田町でいま、そんな臆測が飛び交う。震源地は首相官邸。政権内から、こんな証言が漏れてきた。小渕優子前経済産業相と松島みどり前法相が「政治とカネ」をめぐる疑惑などで辞任した20日。

首相はある与党幹部に2人を同時辞任させる考えを伝え、こう付け加えた。

「年内解散も視野に入れています」-。

多くの自民党関係者は「あり得ない」とこの情報を否定する。それでも、年内解散説は燎原(りょうげん)の火のごとく広がり、浮足立つ議員も出始めた。2016年12月の任期満了まで間もなく折り返しの2年。首相が解散時期を探り始めてもおかしくない時期ではある。だが、臨時国会は「スキャンダル国会」の様相を強め、政権は体力を低下させている。支持率アップの起爆剤とみられた北朝鮮による拉致被害者らの再調査も先行きが見えない。解散にプラスの材料は乏しい。

政府関係者は年内解散説が急浮上した背景をこう読む。「スキャンダル攻撃を続けるんだったら、こっちは解散する覚悟があるという野党への脅しだ」

女性2閣僚の辞任で、これまで「1強」を誇った安倍晋三政権の潮目は変わりつつある。野党は2閣僚に続き、「政治とカネ」で宮沢洋一経済産業相や江渡聡徳防衛相への追及を強める。「3人目の閣僚辞任が起きれば、安倍内閣は終わりだ」(自民党幹部)。政権内には、事態が急転しかねない緊張感が漂う。

このままでは、政権は防戦一方となり、求心力低下は避けられない。そうなれば、来春の統一地方選への影響は必至。来年の通常国会では世論を二分する集団的自衛権行使の安保関連法案審議が控え、国会が紛糾する可能性もある。同年9月の自民党総裁選再選さえ危うくなりかねない。

仮に今年末に消費税増税を決断すれば、来年10月から税率が上がり、しばらくは総選挙ができない。現段階なら政権にまだ余力がある。野党は選挙協力態勢ができておらず、有利なのは間違いない。公明党も年内解散に理解を示しているとされる。

年内解散説は「脅し」とも言い切れない。そんな政治状況もある。

「年内」を見送れば、次は来年の統一地方選との「ダブル」。地方議員がフル回転するため自民党には有利とされるが、公明党は支持者が混乱すると強く反対している。統一選後に安保関連法案を成立させ、通常国会会期末で解散する考えもあるが、統一選で疲弊した地方議員の動きが鈍る。

その次のタイミングは総裁選前後。長期政権を目指す首相にとって再選は最重要課題。首相がけん引する総選挙で勝利した後なら、再選に向けて「誰も文句が言えないくらい盤石になる」(自民党選対関係者)。逆に総裁選後なら、内閣改造・党役員人事で支持率アップを狙える。

ここを逃せば、仮に消費税増税を決断した場合、しばらくは選挙ができず、2016年夏に予定される参院選とのダブル選挙が最有力となる。戦後2度あったが、いずれも自民党が大勝している。菅義偉官房長官もかつて、周囲に「衆参同日のつもりで進めている」と漏らした。

だが、これも公明党が強く反対している。山口那津男代表は9月の記者会見で「いっぺんに多数の民意を取り込むのはふさわしくない」と明言。「公明党の現執行部は衆参ダブルをさせないことが最大の使命」(与党筋)とさえ言われる。

16年秋以降となれば、任期満了が迫る「追い込まれ解散」に等しくなる。いずれの時期も一長一短。年内解散は、実は最も障害が少ない。野党からも「私が首相なら、年内に解散する」(民主党幹部)と警戒する声が漏れる。首相はどのタイミングで決断するのか。自民党選対幹部は「年内解散説も当初は誰も想定していなかったシナリオ。首相の胸の中を開いてみないと分からない」と話した。

参照元 : 西日本新聞朝刊


<谷垣氏>解散の可能性示唆

2014年10月29日(水)21時39分配信



自民党の谷垣禎一幹事長は29日、年内の衆院解散・総選挙の可能性を指摘する声が出ていることに関し「厳しい状況を打開しなきゃいけない時には、いろいろ議論が出てくる」と述べ、安倍晋三首相が早期の解散に踏み切る可能性を示唆した。

首相と官邸で会談した後、記者団に語った。国会審議では「政治とカネ」で閣僚の疑惑追及が続いており、野党をけん制する狙いがあったとみられる。首相との会談では、衆院解散・総選挙に関する「議論はなかった」とした。

【次々みみっちい話が…何だかなあ、と】谷垣氏が語る政治とカネ

両者は会談では、30日告示の沖縄県知事選や今国会の法案審議状況などについて意見を交わした。【影山哲也】

参照元 : 毎日新聞


政府・自民に早期解散の見方=消費増税先送りが前提

2014年10月29日(水)19時58分配信



政府・自民党内で、安倍晋三首相が年内の衆院解散・総選挙に踏み切るのではないかとの見方が出始めた。年末に控える消費税再増税判断で10%への引き上げを見送った上で、「アベノミクス」継続の是非を掲げて衆院選に突入するとのシナリオだ。

自民党の複数の議員は29日までに、首相に近い政府関係者から「首相が消費増税を見送った場合、12月解散、来年1月投開票も考えないといけない。選挙準備をしておいた方がいい」と伝えられたことを明らかにした。党内には通常国会冒頭など、来年の早い時期の解散を指摘する声もある。

先の内閣改造・自民党役員人事直後は、衆院解散は遠のいたとの空気が与党内に広がった。谷垣禎一前総裁の幹事長起用に象徴されるように、選挙向けの新鮮さよりも安定感を重視した配置となったためだ。解散時期は、来春の統一地方選や安全保障法制に関する国会審議を乗り切った来年夏以降との見方が支配的となっていた。

だが、臨時国会は新閣僚の「政治とカネ」の問題が相次いで表面化。野党が攻勢を強める中、自民党内には、「負け幅が少ないうちに解散した方がいい」(中堅)との主戦論が浮上してきた。背景には、報道各社の世論調査で内閣支持率が依然として高水準にとどまり、政党支持率でも自民党が抜きんでていることがある。野党側の選挙準備も進んでおらず、選挙基盤が盤石でない自民党の中堅、若手には早期解散の志向が強い。 

参照元 : 時事通信


消費税の再増税を辞めて、TPP、秘密保護法、集団的自衛権も辞めて、さっさと解散総選挙しろ。安倍晋三はいつになったら責任を取るんだ?

安倍は、今回も入院退陣するのでは?という噂が出ている。

番記者も知らない本当の病 安倍首相「すい臓がん」兆候(1)

2014年09月18日 13時00分

「最側近としてお仕えしてきた。心機一転、願わくば、これからは内閣に入って全力で支えたい」

7月に入って間もなく、世耕弘成官房副長官は安倍晋三首相にこう訴えたという。菅義偉官房長官を筆頭に「史上最強」(自民党中堅議員)とまで評される官邸スタッフ9人のうち、いち早く転身しようと動いたのが世耕氏だった。

安倍首相はその場での明言を避け、翌日に世耕氏のボスである菅氏に相談。菅氏が一蹴したため、願いはかなわなかったという。

「世耕氏の口の軽さは有名です。政治記者なら、東京・麹町にある世耕氏の議員宿舎は絶対に通うべき。発表前の安倍首相の外遊日程などは、世耕氏がペラペラ漏らしているのです。特にTPP交渉の見通しまでリークして報道させ、交渉相手の米国が激怒して妥結が先延ばしになったのは記憶に新しい。それに、昨年9月に民主党の林久美子参院議員と再婚したため、野党側に官邸の動きが筒抜けになっていると囁かれ、自民党内に敵も多い。政権の安定化を図るなら、入閣どころか、そもそも官邸から外すべきでした」(政治ジャーナリスト)

内閣改造まで、まだ2カ月近くある時期の世耕氏によるフライング気味の直訴だったが、これに触発される同僚が続出した。しかし、いずれも安倍首相と菅氏が許さず、実現しなかった。

「5人の首相補佐官のうち、衛藤晟一氏は厚生労働相を希望していました。木村太郎氏は、同じ青森県選出の重鎮である大島理森・自民党前副総裁が官邸に働きかけて入閣を求めていたようです」(自民党関係者)

3分の2が動いた閣僚枠に比べ、結局、官邸スタッフは全員留任。衛藤氏など「安倍首相の靖国神社参拝を巡って米国を挑発し、日米関係をこじらせた罪で、いったん無役になるのが常道」(自民党閣僚経験者)と目されていたのに、である。

それはなぜなのか。菅氏の八面六臂の活躍は、広く知られている。官邸は「菅氏だけでうまく切り盛りできるため、周囲の陣容はどうでもいい」(前出・自民党関係者)のが実態だから、現状維持でも差し支えなかったのだろうか--。

本誌は、こうした見立てを覆すような“仰天情報”を入手した。全ては官邸スタッフを囲い込み、完全にコントロールして、安倍首相の身体に起きている重大な異変を口外させないための“危機管理プラン”だったというのだ。

参照元 : 週刊実話


番記者も知らない本当の病 安倍首相「すい臓がん」兆候(2)

2014年09月19日 13時00分

別荘にとんぼ返りした訳

難病に指定されている潰瘍性大腸炎に長年苦しんできた安倍首相は、特効薬とされる『アサコール』を服用して、何とか公務をこなしているのが現状だ。ただ「最近はトイレに行く回数が急に増えてきた印象がある」(全国紙政治部記者)といい、悪化している兆しがある。アサコールと併用しているステロイド剤の影響も大きいという。

「安倍首相は腹痛がひどい場合、ステロイド剤を9錠も飲むことがあるようです。その副作用で、最近は顔が満月のようにむくむ“ムーンフェース症状”が出たり、もともと良くない滑舌が悪化している場面によく出くわします。さらに、ステロイド剤の多用は歯の組織もボロボロにするらしく、歯医者通いが増えてきました」(首相側近)

確かに新聞に載っている安倍首相の動静記事を見ているだけでも、7月から歯科に通う回数が増えた。6月まで月1回ペースだが、7月は3回、8月に至っては4、6、11、12日の計4回。とりわけ12日は静養のため訪れていた地元の山口県で、各地であいさつ回りにいそしむ途中で、支援者の歯科医に診療を頼んだほどだ。「急な通院と称して、会議や宴席をドタキャンするケースも出てきた」(政府高官)という。

一時は「寛解宣言」までして完全復活をアピールした安倍首相だが、今も大腸、さらに口腔の状態に悩まされている姿が浮かぶ。

しかし、こうした問題はすべて潰瘍性大腸炎に起因するもので、ある意味では想定内といえる。本当は、もっと深刻な病が安倍首相を襲っていたのだ。

広島市が激しい土砂災害に見舞われた8月20日、夏休み中だった安倍首相は、別荘のある山梨県でゴルフに興じていたが、いったん帰京した。そして当日の午後7時半過ぎには、別荘にとんぼ返りしている。

「首相周辺は『書類を取り帰った』と釈明しているが、絶対に会わなければならない人物がいたのです。それは、慶応大学病院の主治医でした。いつものように大腸を診てもらうなら、わざわざ批判を浴びてまで別荘に引き返す必要はなかった。実は、すい臓に腫れが見つかったようなのです」(安倍首相に近い政治ジャーナリスト)

すい臓--。そういえば、安倍首相の父・晋太郎氏は首相の座を目前にして、すい臓がんで亡くなっている。晋太郎氏は当初、周囲から本当の病名を隠されていたが、「がんです」と告知したのは、当時秘書を務めていた次男の安倍首相だった。

「腫れが自己免疫性すい炎によるものであれば、ステロイド剤が非常に効果があるとされています。ただ、安倍首相は潰瘍性大腸炎でずっと服用しており、その中ですい臓が腫れたというのは、どうにも解せない。何より、すい臓がんは強い遺伝性があることで知られています。もしかすると安倍首相は、すい臓に公表できないような病気を抱えているのではないでしょうか」(同)

ちなみに、安倍首相が通う歯科医は、ほとんど永田町にある衆議院第1議員会館内の「歯科診療室」である。「国会議員お抱えだけに、歯科をカムフラージュにして別の医師の診察を受けていても、周囲は気付かない」(全国紙政治部デスク)のも事実だ。

首相の“本当の病状”は、国家のトップ・シークレット。側近として仕える官邸スタッフなら、兆候どころか、ある程度の説明は受けていても不思議ではない。そんな中で敢行された官邸の“封じ込め人事”は、何を意味するのだろうか。永田町に、怪しい暗雲が漂い始めた。

参照元 : 週刊実話

安倍晋三の手が凄いことになっています。長風呂した時に手がふやけたような、しわしわの状態になってます。







これはもうかなり病魔が進んでいるのではないでしょうか?

<ネットユーザーの反応>
「安倍ってほんと無能だよな。ミンス自爆であれほど追い風吹いてたのにもうこのざまかよ。政権運営糞すぎ。二回も総理やって窮地をのりきったの一度も無いんじゃね?」
「(゚A゚)ヤメロ!!(゚A゚)ヤメロ!!内閣改造と煽られてコレだぞ。マスゴミの反対やらないとね」
「消費が回復してないのに解散したら負けるだろ」
「消費増税推進発言した議員落とそうぜ」
「パチンコ税は無期限延期で、携帯電話課税・ペット課税・航空券課税・葬式課税を16年度にやるんだろ?」
「配偶者控除完全廃止も16年、年金3号の件も16年だ。16年で解散総選挙やればいい。楽しみだな」
「解散後は公明党の組織票で自公が勝って、安心して増税でもなんでも今よりやりやすくなる」
「株価のインチキだけはねぇわ、何年下げ相場の中で一発勝負に賭けてたと思ってるんだよ。全部台無しだよ(´・ω・`) 」
「そりゃ増税でそのまま公務員の給与あげてりゃさがるわな」
「まだまだ売国奴や屑老害一杯だからねぇ。国のことだ考えてない議員様が居るうちはどうにもなるまい」
「オイッ安倍 訂正して済むなら入学試験も訂正したら済むようにしろ」
「増税辞めろ!財務省を解体しろ!」
「パソナへの利益供与疑惑もあるしね。政治と金と女と薬物疑惑」
「本当に公明が与党になる日が来るかも知れないね。これだけ他が酷いとね。恐ろしい話だ・・・」
「すげーな。拉致問題どうするかって時に解散記事か」
「アベノミクスの為に年金で株を買い株価を上げ、さらに消費税後株は急落。今まで一生懸命働いてたのが馬鹿馬鹿しいな。これから日本はどうなるのやら・・・革命が必要だな」
「ネトサポ乙。今解散があるわけがないと言ってるだろ。解散は12月始めの消費税増税決定後になるから議席増えるわけねーわ。如何に野党がだらしなくても今回は非自民に満遍なく票が回る」
「いま、もっとも勢いがあるのは生活の党だね」
「消費増税推進者リスト作っておかないとな」
「もう移民はやめてくれ・・・
五輪のせいで家政婦が足りないとか聞いたことねえぞ・・・」

安倍総理、笑顔で語る「竹中先生は愛国者」







2014年10月30日木曜日

自民党・有村担当相「脱税は社会的によろしくないが、法律に触れるようなことは一切していない。今回初めて知った」

有村担当相「法律に触れない」 脱税企業に献金返還

2014年10月28日



有村治子女性活躍担当相は28日の閣議後記者会見で、脱税で罰金の判決を受けた鹿児島市の設計工事・配電盤製作会社からの献金について「脱税は社会的によろしくないが、有村事務所は法律に触れるようなことは一切していない」と述べた。

有村氏は、この会社から2008年5月~12年8月、代表を務める自民党支部に30万円ずつ4回、計120万円の献金があり、銀行振り込みで全て返したと説明した。

脱税の事実が分かったのは寄付より後と繰り返し強調。「東京では(事件が)報道されておらず、今回初めて知った。献金を返すことが主権者である国民への説明責任だと思った」と話した。

参照元 : 西日本新聞


”脱税は社会的によろしくないが、有村事務所は法律に触れるようなことは一切していない”

はぁ?このオバサン、なに言ってるの?脱税は社会的にではなく犯罪なんですけど?法に触れるんですけど?

こちらも忘れちゃいけません(笑)



有村 治子(ありむら はるこ、1970年9月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(3期)、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全・少子化対策・男女共同参画・規制改革)。桜美林大学講師、参議院環境委員長、文部科学大臣政務官(第3次小泉改造内閣)等を務めた。

支援宗教団体
新興宗教である黒住教・真如苑の支援を受けており[18][8]、2013年の第23回参議院議員通常選挙では黒住教、真如苑に加え神道政治連盟・仏所護念会教団・崇教真光・天台宗・世界救世教からも支援を受けた。

所属団体・議員連盟
創生「日本」(副幹事長)
神道政治連盟国会議員懇談会 (副幹事長)
天皇陛下御即位二十年奉祝国会議員連盟(事務局次長)
TPP参加の即時撤回を求める会
日本会議国会議員懇談会
日本女性の会(副会長)
平和を願い真の国益を考え靖国神社参拝を支持する若手国会議員の会
親学推進議員連盟
教育基本法改正促進委員会
国籍問題を検証する議員連盟
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会

参照元 : wiki/有村治子

<ネットユーザーの反応>
「何言ってんだこのクソ馬鹿」
「脱税は法律には触れていないwwwww さすがA級戦犯・岸信介の孫の安倍晋三の閣僚の一員だww」
「まぁ、最近の貰っておいて、返したから問題ないだと、泥棒が返したら無罪放免に皆なるなw」
「貰って便利供与、返したら問題無しにも、安倍政権だと近い内成るんだろうな・・・」
「ちょっとなにいってるかわかりませんww」
「まあ解散総選挙でいいね」
「こんな金銭感覚で消費税とか所得税決めてたのか・・・そりゃあ経済むちゃくちゃになるわな」




ネトウヨタコ坊主の百田尚樹が「エボラ対策で民主党が審議拒否」と華麗にデマを垂れ流し、バカウヨが釣られて拡散

【追記あり】百田尚樹NHK経営委員が「エボラ対策で民主党が審議拒否」とのデマを拡散

2014年10月29日08:33



現在世界中で大きな問題となっているエボラ出血熱に関し、百田尚樹NHK経営委員が民主党を攻撃するデマをTwitterで発言し、大きな問題となっています。

アフリカで流行し、先進諸国も必死の水際作戦を余儀なくされているエボラ出血熱。この問題に関し、「永遠の0」で有名な小説家の百田尚樹NHK経営委員が民主党が感染症関連法案改正のための審議をストップさせている、とTwitter上で発言し拡散を煽っており、大きな騒動となっています。



これに対し、民主党マスコットの「民主くん」アカウントは「まだ法案は厚労委員会に付託されていないので、審議拒否のしようがありませんし、する予定もありません」としており、百田経営委員のこの発言は完全にデマであることが明らかになりました。


なお、安部首相が塩崎厚労相らにエボラ出血熱への対応を協議するための関係閣僚会議をできるだけ早く立ち上げるよう指示したのが27日の午前の段階です。

エボラで関係閣僚会議を開催へ 首相が指示:朝日新聞デジタル

これらのデマは28日11時頃に発せられたものですが、29日8時現在においても放置されたままで謝罪も削除・訂正もありません。

世界がエボラを食い止めようと必死で戦ってる中、国会での審議に関する事実無根のデマを流して混乱を招くとは、百田経営委員は日本人を殺したいのでしょうか?NHK経営委員としての適正がこれまで以上に疑われることになることは必至です。

ネットの根も葉もないウワサは拡散しやすく訂正されにくいことが明らかに BUZZAP!(バザップ!)

【追記】
本件に関し、10月14日に「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律の一部を改正する法律案」が審議されていないのではという指摘が以下のリンクを通じて行われています。

閣法 第187回国会 21 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律の一部を改正する法律案

これに対しては


とのことなので、これを以て民主党が審議をストップさせていると主張するのは余りにも無理な話です。


参照元 : BAZZAP!



ネトウヨタコ親父の百田が華麗にデマを垂れ流し、自爆する。それを鵜呑みにしたネトウヨが釣られてデマを拡散(笑)片山さつきのデマ自爆とそっくりですね。

百田といい、片山BBAといい安倍の友達にはロクなやつがいない。嘘つきばかり。安倍晋三が一番の嘘つきだから似ただけか・・・

ところで、エボラの審議っていつやるの? まだまったく予定に乗ってないけど?そもそもエボラ法案とはどんな法律なのか?法律でエボラ禁止にするだけ?

<ネットユーザーの反応>
「別にいいんじゃないの?そう言われてもおかしくないことしてきたんだし、おおかみ少年みたいなもんだ」
「みんなテレビ棄てだしたら何も言えなくなるだろ」
「ネトウヨとか百田とかはいっつもデマばっかり流してるから信用されない。おおかみ少年かわいそうww」
「昔は面白いオッサンだったのに、最近の怒れる愛国文化人ぶりが鼻に突いてきた初心に帰って出直せ」
「百田さんのツイッターでのカクサン能力って凄まじいしなw」
「百田のおっさんは落ち着け。事実確認→数日様子見→コメント。これでいい」
「ちゃんとTwitterで謝罪しろよ嘘八百田尚樹。小学生でも間違えてたことを理解したら謝るぞ。お前は詭弁ばっかりだ」
「しょうもねえ本だけ書いときゃ良いのに」
「毛嫌いしていた東京新聞のリンクを貼って逃げようとしているw 呆れた男だ」
「上岡龍太郎なにかコメントしてくれないかなぁ」
「百田は謝ったら死ぬ病気にかかっているんだろw」
「勇み足で失敗したという意味だろう。回りくどいおっさんだからな」
「謝罪まだですかー」
「嘘八百田といい片山うそつきといい高齢ウヨは何でこんなにバカで恥知らずなんだ」
「嘘八百田尚樹きちんと謝罪しろ。勇み足で済まされない」
「外見が見苦しいオッサンの中身までも見苦しくなってしまった。テレビ時代の仲間たちも呆れてるんじゃないか」
「もともと無責任で下品な人間だったのかもしれないが、ここしばらくで急速にこいつは株を落としていってるな」
「これがウヨ虫の程度の低さだよな。在特会と全く変わらない。こんな屑にいつまでNHKの経営委員をやらせておくつもりだ?」
「別に攻撃的でアグレッシブなだけなら構わないけど、ただの馬鹿じゃん」
「デマを流したのに訂正・謝罪も出来ない作家様。もう朝日のことを悪く言えないな」
「こんな奴の高給のために受信料払ってんのかー」





2014年10月28日火曜日

安倍首相が任命したSM宮沢経産相に新たなスキャンダル!パチンコ店経営者(外国人企業)から40万円の献金発覚

経産相に外国人企業寄付 宮沢氏政党支部へ40万円

2014/10/27 13:43



宮沢洋一経済産業相は27日、衆院議員時代に自らが代表を務めていた政党支部が2007年と08年に、外国人が50%超の株式を保有する広島県の企業から計40万円の寄付を受けていたと明らかにした。政治資金規正法は外国人や外国法人からの寄付の受領を禁じている。26日に返金したという。経産省で記者団に説明。

宮沢氏は「事務所としては、日本の企業であり問題ないとの認識だった」と釈明。資金管理団体によるSMバーへの支出問題を受け調査したところ「企業に直接照会し、外国人の保有比率が過半数であることが判明した」という。出資比率は6割弱といい、企業名は明らかにしていない。【共同通信】

参照元 : 47NEWS


宮沢洋一経産相に外国人企業が献金 パチンコ店の経営会社から40万円

2014年10月27日 15時15分 JST



宮沢洋一経済産業相は10月27日、外国人が株式の過半数を持つ広島県の企業から、2007年と2008年に計20万円の政治献金を受けていたことを明らかにした。26日に全額返金したと、経産省で記者団に説明した。

宮沢氏は「事務所としては、日本の企業であり問題ないとの認識だった」と釈明。資金管理団体によるSMバーへの支出問題を受け調査したところ「企業に直接照会し、外国人の保有比率が過半数であることが判明した」という。出資比率は6割弱といい、企業名は明らかにしていない。

(経産相に外国人企業寄付 宮沢氏政党支部へ40万円  - 47NEWS 2014/10/27 13:43)
朝日新聞デジタルでは宮沢氏の事務所の説明として、問題の企業がパチンコ店を経営している広島県福山市の会社だと報じた。政治資金規正法では、外国人もしくは外国企業が株式の過半数を保有する企業から政治献金を受けることを原則として禁止している。

宮沢氏の資金管理団体「宮沢会」が2010年、広島市内のSMバーに政治活動費を支出していたことが判明。23日には「監督不行届であり大変反省している」と陳謝した。

参照元 : The Huffington Post


小渕と松島の不祥事で、異例の大臣2人が辞任したばかりで、新たに安倍晋三が任命した宮沢経産相も不祥事2連発!これで辞任しなかったら、小渕と松島の2人はなんで辞めたのか?となります。

SMバーの次は在日朝鮮人(パチンコ経営者)から献金ですか・・・

宮沢経産相はとんでもない売国政治家ですね。パチンコ業者はカジノ解禁させて、パチンコの換金合法化を実現して貰おうと必死です。宮沢を任命した安倍首相はいい加減、責任取って辞めろ。



2014年10月24日金曜日

安倍首相が新たに任命した宮沢洋一経済産業相に早速スキャンダル!SMバーに政治活動費を支出

「SMバー」女性縛り、客も参加…関係者、宮沢事務所に「返還します」

2014年10月23日(木)21時41分配信



宮沢洋一経済産業相の資金管理団体「宮沢会」が平成22年に政治活動費で飲食費を支出していた広島市内のSMバーは、「仏壇通り」の通称で親しまれている飲み屋街の一角にある。宮沢事務所ではこのバーに通っていた事務所関係者をすぐに割り出し、返還を求めて同意を得たという。

下着姿の女性をロープで縛り、客も参加する形のショーを開催していたというSMバーは、仏壇通り外れにある古い5階建てビルの3階にある。店舗入り口には店名と赤いピンヒールのイラストが描かれた小さな内照式看板が壁に掲げられているだけだ。

「SM」の文字はなく、ピンヒールのイラストだけがそれらしさをイメージさせる。何の造作もない低い鉄の扉は、排他的な印象を与えている。

近くの飲食店の従業員によると、会社員らしき40代後半の男性客が「行ってきた」と話していたことがあるという。SMバーは広島市内では珍しく、怖いもの見たさで行くケースもあるようだ。

宮沢事務所では産経新聞の取材に「事務所の人間が行ったことは間違いない。本人に返還を求め、本人からも返還する意志が示されたので、適切に処理したい」と話した。

参照元 : 産経新聞


SMバーに「宮沢会」政治活動費 経産相の資金管理団体

2014/10/23 13:28



宮沢洋一経済産業相の資金管理団体「宮沢会」が2010年、広島市内のSMバーに政治活動費を支出していたことが23日、分かった。宮沢氏は経産省で記者団に「共同通信の配信記事で初めて知った。支出したのは事実。私自身は行っていない。事務所関係者が誤って政治資金として支出してしまった」として、政治資金収支報告書を訂正する考えを示した。

この店は、下着姿の女性をロープで縛り、客も参加する形のショーを開催している。

宮沢会の2010年分の政治資金収支報告書によると、同年9月6日に「交際費」の目的で広島市の繁華街にあるSMバーに1万8230円を支出していた。【共同通信】

参照元 : 47NEWS


安倍が新たに任命した宮沢経産省に早速スキャンダル。安倍は小渕と松島の任命責任で謝罪したばかりですが、懲りないですね。

しかもSMバーに政治活動費を支出してたところがミソ。宮沢も辞任か?もう安倍は退陣するべきである。

<ネットユーザーの反応>
「これは安倍ちょんSMだね」
「秘所が使った・・」
「大臣辞任するしかないだろw さすがにSMではなw 無理でしょw」
「業務上横領とその監督責任は??本人いってないならガチ犯罪じゃないの?」
「その秘書を訴えたら信じてやるわ。それでなければ秘書のせいにしてると思われるだけ」
「SMでおもてなし」
「秘書は政治資金を自由に使える楽しいお仕事」
「女王様が輝く社会」
「体験コースだったら許してやろうぜ」
「記者会見で吊るし上げを食らうとこまでがプレイ」
「秘所を使った犯罪の臭いがします」
「宮沢の代わりに全国的に恥をかかされた地元秘書悲惨w」
「ブーメランとか書いてる奴ってスゲー馬鹿だと思うわw」
「金を返すのは当たり前。議員辞職も当たり前。逮捕されてしまえ」
「収支報告書upされてたのみたけどマザンだけじゃなくても、中華だの飲み屋だの、酒池三昧だな。全部交際費だけど、こんなところ使う必要あるのか」
「うちわで失脚なのにSMバーは許されるとかw 男尊女卑のままじゃないですか」
「何でもかんでも秘書のせいにすんなよ」
「弁償して済む問題か?秘書を告訴しろよ」
「政治家の生活費を税金で負担とか異常でしょ。何か国民のために仕事しました?利益上げました?」
「SMバーなど白費で行けや!こんな秘書とが事務所をば持ってる政治家自身のてレベル飲ん問題だろ!そんな所まで行って領収書を切らせて経費を使うのか!」





麻生財務相「消費税率10%への引き上げを見送った場合、再増税を前提にしている待機児童解消など少子化対策の実行が極めて困難になる」

消費税10%先送りは少子化対策「困難に」 麻生財務相

2014年10月18日00時41分



麻生太郎財務相は17日、来年10月と法律で定めた消費税率10%への引き上げを見送った場合は、再増税を前提にしている待機児童解消など少子化対策の実行が「極めて困難になる」との見方を示した。

来年度予算案に、再増税の影響を和らげる対策を盛り込むことを検討していることも明らかにした。衆院財務金融委員会で古川元久氏(民主)の質問に答えた。消費税率5%から10%への引き上げで増える税収(年間14兆円)のうち2・8兆円を子育てや医療など社会保障の充実に回す方針が決まっている。

麻生氏は「仮に(税率)8%にとどまった場合、社会保障の充実に振り向けられるのは1・3兆円ぐらいになり、予定した充実案の実行は極めて困難になる」と述べた。

また、再増税の先送りで「政府の財政健全化の意思に疑念を持たれると市場の反応は予測しがたく、(政府としての対応は)極めて困難」と強調し、再増税を前提に「経済の好循環を確かなものにする対策を来年度予算に盛り込むことを鋭意検討中だ」とした。

日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁も「(再増税の)先送りで財政運営に対する市場の信認が失われると、(日銀としても)対応が極めて困難になる」と答弁した。

参照元 : 朝日新聞


キチガイ麻生は増税することしか脳がない。イエズス会の犬。日韓トンネルの推進、道州制推進、TPP推進の国賊売国奴。安倍と同じ、CIAや金融マフィアの操り人形。

<ネットユーザーの反応>
「どうせ何もしないくせに」
「無駄な予算を削れや、このひょっとこ!」
「麻生さん、いつの間に財務省の言いなりになっちまったん?なんか弱み握られた?」
「脅しをかけてきたか( ;゚Д゚) 」
「ウソをつくのも大概にしろ!少子化対策をさんざん潰してきたのが自民だろ。自民は増税しても老人にしか金をばらまかない」
「もうどこの政党も支持する気起きんのだが」
「あれ?軽減税率は?って言っときますね。まさか自民党さんもそうでしたっけウフフですか?」
「消費が震災時レベルにまで落ち込んでるのにまだ言うか」
「麻生割りと好きだが、国民の足元見たこの発言は無いわ」
「社会保障よりも家庭の貧困のほうが問題になるぞそれ」
「少子化対策は10年以上先送りしてきたが増税は一日たりとも先送りしない。それが自由民主党」
「女に仕事と家事と子育てを課す虐待政策www 経団連は全員エボラでタヒね」
「俺たちの阿呆閣下」
「10%になったら、ガキの飯も10%に増税されるし学費も10%になるw こんなバカが財務大臣w 子育て世帯は早く気が付きな」
「消費税を引き上げたせいで、少子化が加速してんだろ」
「そもそも少子化にたいして何もしてないだろ」
「消費が冷え込んで、税収が減るだけだと思うよ」
「法人税減税して公務員と政治家の給料上げて海外に何兆円もばら撒いて金が無いから消費税増税。麻生はもうボケが始まってるんだろうね。昔からか」
「貧乏人は死に絶えた方がいいと言ってたじゃないか自民党。今やってる政策にぶれはない」
「麻生は消費増税の理由をメチャクチャにすることによって消費増税を理論崩壊させるという高等技をやっているかも知れん」
「少子化をたてにするならとりあえず税金でまかなわれてる公務員の収入を下げろよ」
「嘘つくなよw こいつ落選させようぜ」
「消費税増税で一気に人気失ったよね」
「国民から金を巻き上げる意外に考えは無いのか」
「安倍、麻生、小渕、3流大出の、おバカ世襲が日本を滅ぼしてますな」
「先送りというか、5に戻せ!ってかなくせ」
「大企業の減税やめたらいいやん」
「まさにあほうだな」
「少子化対策なんかする気ないくせに。移民で安易な労働力確保して日本人絶滅させる気満々だし」

2014年10月22日水曜日

安倍内閣を支配するカルト極右団体・神社本庁の正体!統一協会と繋がっている!?

在特会より危険!? 安倍内閣を支配する極右団体・神社本庁の本質

2014.10.18



ネオナチ、在特会、統一教会……。安倍内閣の閣僚とカルト極右団体の関係が次々に明らかになっているが、実はこの内閣にはもっと強大で危険な極右団体がバックについている。

その団体とは神社本庁だ。安倍内閣の19閣僚中なんと16人が神社本庁を母体とする政治団体「神道政治連盟国会議員懇談会」のメンバーであり、そして、安倍晋三首相はその神政連国議懇の会長をつとめているのだ。

と聞いて、「神社本庁って神社の団体でしょ。最近、神社はパワースポットとして若い女性からも人気だし、どこが危険なの?」と疑問に思った読者もいるかもしれない。たしかに、神社本庁は全国約8万社の神社が加盟する組織で、その目的は「祭祀の振興と神社の興隆、日本の伝統と文化を守り伝えること」とされている。

だが、その本当の目的を知ったら、「癒される〜」などといっていられなくなるはずだ。たとえば、神社本庁の政治団体「神道政治連盟」のHPをのぞくと、こんな主張や活動内容がでてくる。

自主憲法の制定、靖国神社での国家儀礼の確立、道徳・宗教教育の推進、東京裁判と侵略戦争の否定、A級戦犯の擁護、夫婦別姓反対、ジェンダーフリー反対、皇室と日本の文化伝統の尊重……。

もちろんこれくらいは、保守的な宗教団体の主張としては珍しくない。しかし、神社本庁の機関紙「神社新報」を見ていると、もっととんでもない主張がしばしば登場する。それは「祭政一致」だ。

祭政一致とは、神道の祭り主である天皇が親政も行ない、国政上、政府はそれを輔弼する(進言する)役割にとどめるという、大日本帝国憲法で明文化されていたものだが、神社本庁はそれを復活すべきだというのである。

たとえば、「神社新報」2008年10月27日付「憲法の基礎となる神道精神を考える」という記事のなかで神道政治連盟の田尾憲男・首席政策委員は憲法改正する目的として、こう力説している。

「そこで重要となるのが統治権の総攬者としての天皇の地位恢復。つまり、祭り主としての天皇陛下が国家統治者として仁政をおこなうとともに皇室祭祀を継承することで、表の政治機能と裏のお祭りが一体となって国が治まる。政治には党利党略や権謀術数がつきものだが、それを祭りの精神で正しい方向に導かなければならない。陛下にはそのお導きのお働きがある」

「陛下がご質問をされるだけで総理や大臣、政治家などに反省を促すことができる。政治家が陛下のお気持ちを重んじ、国民のために何がよいか党利党略を超えたところで考えるようにしなければならない。陛下は何が国民にとってよいか、あるいは皇祖皇宗がどういうことを期待しているのか、祭祀の中で神々と接して悟っていかれる。それが政治に反映され、党利党略や謀略に走りがちな政治を清らかなものに正していくという働きを陛下にしていただかないと真の精神復興はできない」

祭り主としての天皇が政治における決定権を握る絶対君主制の復活……。この時代に信じがたい主張だが、「神社新報」はこれにともない、新憲法では軍の「統帥権」を天皇に帰属させるべきだという主張もたびたび行っている。

「統帥権」とは軍隊の最高指揮権のこと。大日本帝国憲法第11条には「天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス」とあり、天皇の統帥権が規定されていた。師団数や艦隊など軍の規模(兵力量)の決定も天皇に帰属していた。1930年、ロンドン海軍軍縮条約調印で時の浜口雄幸内閣は、条約に反対する海軍軍令部を押さえて調印したが、野党や軍部の強硬派、右翼団体などは天皇の統帥権を侵害した「統帥権干犯」だと激しく批判、浜口首相は国家主義者に銃撃されることになる(のちに死亡)。以後、政党政治は弱体化。また、軍部が「統帥権」を楯に政府を無視して“天皇の軍隊”として暴走を始めるきっかけになった。

戦後は、自衛隊の最高指揮権は内閣総理大臣にある(自衛隊法7条)。これは、軍部が暴走した戦前の教訓から、国民により選出された国会議員より選ばれた内閣総理大臣によるシビリアン・コントロール(文民統制)といわれるものだ。しかし、神社本庁はこのシビリアンコントロールすらも否定するのである。

そこには、祭政一致国家が突き進んだ太平洋戦争で、日本人だけでも330万人が犠牲になった反省はまったく感じられない。しかし、田尾首席政策委員は先の記事でこうした批判も次のように一蹴している。

「(こうした地位恢復は)皇室に対して却って迷惑ではないか、天皇が政治的に利用されるのではないか、軍部が台頭した戦前の失敗が繰返されるのではないか、などの危惧があるようだが、この考えこそ現憲法を作った占領軍の発想そのものであり、敵国の思想に基づく戦後教育の影響下で改憲を考えているということに過ぎない」

こうしてみると、神社本庁の主張はほとんど右翼民族派のそれとかわりがない。いや、それ以上の極右ということがよくわかるだろう。しかし、それも当然だ。そもそも神社本庁という組織自体が祭政一致と対をなす「国家神道」復活を目的に作られた団体だからだ。

国家神道というのは、いうまでもなく、日本の近代化にともなって推し進められた神道国教化政策のことだ。天皇にいっさいの価値をおくことで近代国家の統合をはかろうとした明治政府は、神道をその支配イデオロギーとして打ち出す。そして、そのために神社を国家管理の下におき、地域に根付いて多様なかたちをとっていた神社を伊勢神宮を頂点に序列化。民間の神社信仰を皇室神道に強引に結びつけ、天皇崇拝の国教に再編成していった。

この国家神道から、国民には天皇への絶対的な忠誠が強要され、日本だけが他の国にはない神聖な国のあり方をもっているという「国体」という観念が生まれた。そして国体は八紘一宇という思想に発展し、侵略戦争を正当化していった。つまり、国家神道は「現人神」の天皇の下、軍国主義、国家主義と結びついて、第二次世界大戦へと突き進む思想的支柱だったのである。

しかし、1945年、太平洋戦争で日本が敗戦すると、GHQは信教の自由の確立を要求。神道指令を発布し、国家と神社神道の完全な分離を命じた。神道を民間の一宗教法人として存続させることは認めたもののの、徹底した政教分離によって、国家神道を廃止させようとした。

そこで、神社関係者が1947年に設立したのが宗教法人神社本庁だった。その目的は明らかに、国体と国家神道思想の温存にあった。宗教学の権威・村上重良はその著書『国家神道』(岩波新書)でこう書いている。

「神社本庁は、庁規に『神宮ハ神社ノ本宗トシ本庁之ヲ輔翼ス』(第六十一条)とかかげ、伊勢神宮を中心に、全神社が結集するという基本構想に立って設立された。これは、国家神道の延長線上で、神社神道を宗教として存続させようとするものであった」

「神社本庁の設立によって、国家神道時代の天皇中心の国体と神社の中央集権的編成は、形を変えただけで基本的存続することになった。」

そして、1960年代に入ると、神社本庁は国家神道復活の動きを強め、1969年に神道政治連盟、1970年に神道政治連盟国会議員懇談会を設立する。村上は当時、こうした動きをこう批判している。

「しかも、反動勢力と結ぶ神社本庁の指導者層は、民主主義を敵視して時代錯誤の国家神道復活を呼びかけ、この主張を、傘下の七万八千余の神社に上から押しつけることによって、神社神道が、みずからの手で自己を変革する可能性を封殺しているのである。」

もっとも、こうした時代錯誤の狂信的な思想も一宗教団体が掲げているだけなら、それをとやかくいうつもりはない。だが、この思想は確実に自民党の国会議員を動かし、現実の政策に着々と反映されてきているのだ。

「神政連が国議懇と連携して進めた運動の成果には元号法制化、国旗国歌法や『昭和の日』の制定(略)皇室典範改悪や夫婦別姓法案の阻止などがある」(「戦後の神社・神道  歴史と課題」神社本庁総合研究所監修/神社新報創刊六十周年記念出版委員会/神社新報社)

2000年には森喜朗首相(当時)が「日本は天皇を中心としている神の国」という「神の国」発言で物議をかもしたことがあったが、この発言は神道政治連盟国議懇の設立三十周年記念祝賀会での挨拶だった。

そして、冒頭でも述べたように、安倍内閣では19閣僚中16人が神政連国議懇のメンバーで占められ、その政策はほとんどが、神社本庁=神道政治連盟が掲げる政治目標と見事にシンクロしている。自主憲法の制定、国軍の創設、靖国神社での国家儀礼の確立、道徳・宗教教育の推進、東京裁判と侵略戦争の否定、A級戦犯の擁護、夫婦別姓反対……。さらに、山谷えり子拉致問題担当相、有村治子女性活躍担当相というゴリゴリの保守思想で話題になった2人は、神社本庁がたてた候補者といっていいほど、同団体と密接な連携をしている。

今、我々が真に問題にすべきなのは、在特会やネオナチといったそう大きな影響力のないカルト団体との関係ではなく、日本最大の信者数9125万人を誇り、社会的にも完全に認知されている神社本庁と政権の一体化、そして、この宗教団体がもつ本質のほうではないか。

断っておくが、この団体がもっている思想は、日本古来の伝統や神社信仰とはまったく異なるものだ。むしろ、神社本庁は神道が古来より大切にしてきた信仰を踏みにじるような行為も平気でやっている。次回の原稿ではそのことを検証してみたい。

(エンジョウトオル)

参照元 : LITERA


極右ではなく似非右翼のカルト集団でしょ?安倍政権・自民党議員は、ほんとに気持ち悪い。



神社本庁は統一協会と繋がってる!

英霊にこたえる会:堀江正夫会長は、統一協会の「ア ジアと日本の平和と安全を守る全国大会」の会長も兼任。



アジアと日本の平和と安全を守る全国大会

12月1日東京蒲田の大田区民ホール“アプリ コ”、約1500人の統一協会信者が動員され『ア ジアと日本の平和と安全を守る全国大会』なる 集会が開催された。主催は“アジアと日本の平和と安全を守る全国大会実行委員会”、後援は“国際勝共連合”“世界 平和連合”“平和大使協議会”と統一協会関連団体が名を連ねる。

アジアと日本の平和と安全を守る全国フォーラムの会長は元陸軍少佐・元陸上 自衛隊西部方面総監・元参議院議員(元自民党の堀江正夫)

メインスピーカーは文鮮明教祖の4男國進氏、大会実行委員長は日本統一協会会長

[カルトと政治]統一協会系政治団体の全国集会に参加した2人の現役国会議員

堀江正夫は、元自民党議員・英霊にこたえる会会長

国家神道オワッタ(笑)



神社本庁が所属する日本会議という組織がある



この組織は日本版のネオコン(軍産複合体の政治部署)。米国を牛耳っていた軍産複合体が米の不況で宿主を日本に乗り換えた。武器輸出三原則変更も集団的自衛権容認もそれが目的だし江渡聡徳防衛相も日本会議所属。

今の日本は軍産複合体の要である「ネオコン(新保守)」という勢力が台頭中で、昔ながらの保守とは違い紛争を煽る戦争ビジネスの利権で動く。彼らの目的はあくまで戦争ビジネスで、掲げる保守思想は世論誘導の方便。これ、米国の軍産複合体と全く同じ手口。カルトの後押しをつける所までそっくり。

日本は満州国という傀儡を作って喜んでたけど、日本もまた満州国みたいなものだ。既に自衛隊の司令部は米軍基地に統合されちゃったから、この国は自前の防衛組織など数年前からとっくに失っていた。というか、敗戦からずっと独立国ですらない。そのくせ「脱アメポチの集団的自衛権行使」とプロパガンダ。

この煽動部隊が日本会議お抱えのカルト信者を動員したネット工作やカルトのお抱えメディア「産経新聞」など。

独自の開戦規定もない日本が集団的自衛権行使。軍事行動するしないを自分で決められずに誰がするかと言えば自衛隊司令部を統合した米軍。

忘れるな!日本会議は武器商人と繋がってる似非保守。愛国心など全く持ってない。

ネオコンと軍産複合体の関係





神社本庁のトップを代々皇族出身女性が務めている経緯

2016.10.20 16:00



戦後に設立された神社本庁は、当初から現在に至るまで皇室と切っても切れない密接な関係を築いてきた。現在、神社本庁の「総裁」を務める池田厚子さん(85歳)は昭和天皇の第四皇女で、旧名は厚子内親王。1952年に結婚に伴い皇籍を離脱し、1996年に総裁に推戴された。神社本庁憲章に〈総裁は、神社本庁の名誉を象徴し、表彰を行ふ〉とあるように、神社本庁は名誉職として「総裁」を推戴してきた。

戦後誕生した神社本庁の歴代総裁は、初代の北白川房子さん(明治天皇の第七皇女)に始まり、鷹司和子さん(昭和天皇の第三皇女)と続き、池田厚子さんで三代目。これまで皇族出身の女性たちが推戴されてきた。

神社本庁の総裁は、伊勢神宮の「祭主」も務めてきた。祭主とは伊勢神宮のみに置かれた最高の役職であり、神宮の祭祀に奉仕し、天皇のお心を伝えるとともに、伊勢神宮の神職をまとめる立場である。最近では今上天皇の長女で、清子内親王だった黒田清子さんが「臨時神宮祭主」に就任した。

この臨時神宮祭主は、2013年に行われた式年遷宮に際し、伯母である池田さんが高齢のため神社本庁が「万全を期すため」池田さんの補佐として黒田さんに就任してもらったものだ。

一方で神社本庁を実質的に代表する「統理」の役職には現在、北白川房子さんの孫にあたる元伊勢神宮の大宮司・北白川道久氏が就任している。ほかにも、高円宮憲仁親王の次女・典子さんが一昨年、代々出雲大社の宮司を務める千家家に嫁いだことも話題となった。

なぜ皇室と神社本庁はつながりが深いのか。それを知るには天皇と神道との歴史的経緯を遡る必要がある。神道が国家の信仰として歴史上初めて法的に位置づけられたのは大宝元年(701年)の大宝律令とみなされる。

律令では立法・司法・行政をつかさどる太政官と並ぶ形で、神祇官が置かれた。皇室の祖神とされる天照大神が祀られている伊勢神宮に神祇官から勅使が遣わされ、皇室と伊勢神宮の関係は不離一体のものとして制度化されることになったのだ。『日本書紀』『古事記』が編纂されたのもこの時期であり、神話の神と皇統が結びつけられた。

その関係は朝廷の力が衰えた武家政治の時代にも細々と続いたが、それを強力に復活させたのは明治維新期の王政復古であり、明治期以降日本は再び神道を国家の基礎に据えたのである。

敗戦後間もない1945年12月、政教分離を徹底しようとするGHQは「神道指令」を出す。神祇院は廃止され、公的に国家と神社との結びつきが絶たれた逆風の中で、神社関係者や関連団体によって設立されたのが宗教法人・神社本庁だった。

政教分離を求められたところで、皇室と伊勢神宮は切っても切れない関係にある。GHQとしても「信教の自由」を掲げる以上、配慮しないわけにはいかず、「国家神道は廃絶すべきだが、宗教法人化された伊勢神宮にはあまりうるさく容喙しない」という方針をとった。

それでも日本の神社関係者は、国家神道の復活を危険視するGHQを意識せざるを得なかった。伊勢神宮の祭主には明治以来、男性皇族が就く伝統があった。しかしそれでは戦前のイメージが残っていると見られると危惧し、改める必要があった。

そこで女性皇族が祭主に就くことになったのだ。その女性初の祭主になったのが前述の通り北白川房子さんだった。戦後の祭主を皇族出身の女性が務めているのはこのようないきさつがあったからである。

※SAPIO2016年11月号

NEWSポストセブン

<ネットユーザーの反応>
「神社はネトウヨ」

「ザイトクの方が不気味で謎だよ。主宰が本名じゃないようだし、デモなんか見てたらつり目のエラ顔が大挙居るし」

「あらゆる宗教ネトウヨだろうよ」

「在特会よりってww」

「英霊にこたえる会には日本遺族会も加わってるよなw ネトウヨは戦前生まれの糞爺の子供か?w 40代後半~60前後の奴ばかり逮捕されるもんなw」

「ネトウヨはクズだらけだな」

「在特より嫌いって意味だろ」

「日本のナチスですね。わかります。いや、本当のところはよく分からん。安倍ちゃん、こういうの好きなの?」

「極右団体って在チョンだろう?」

「宗教は絶滅すべき。イスラム国も神社本庁もオウム真理教も似たり寄ったりだ」

「極右かどうかはともかく神社本庁は各社の後継者問題とかにでしゃばってくる胡散臭い団体だっていうのは知ってる」

「なんだこりゃ、ひどいな。神社に破防法を適用せんとな」

「日本の右翼は在日と同和、暴力団と繋がっている」

「仏像一つもとりかえせんわ、参拝中止するわ、ナマポ停止できんわ、ウィルスに勝てるDNAがないのが、ゲリゾーやろw」

「日本会議でカルトと仲良くつるんでるで」

「小泉政権を支配していたのはアメリカ合衆国」

「右翼の力が強くなってきたら、外国に逃げた方がいい。貯金しとけ。天皇バンザイで死にたくないだろ」

「いつでも日本から逃げ出せるように、英語の勉強と貯金をしよう。こんな馬鹿どもの命令で戦場で死にたくないだろ」

「神社本庁の話からは逃げてリテラ連呼で印象操作を始めるネトウヨたち」

「安倍にぶっ壊されるくらいなら、いっそ祭政一致でいいよ」

「正真正銘の安部チョンお友だち内閣だなw アメリカで政府要職が全員ユダヤ教徒になったようなもんだw」

「ウヨ=カルト団体の手下。議員、学者レベルでもこれだからな。日本の愛国が愛国()なのは、当たり前。ネトウヨも大体が、こういう団体の手下の工作員だろ?」

「安倍にものすごく闇の部分があることはわかるわ」

自民党の正体は↓

自民党×



・カルト壺売教○
・米CIA日本ハンドラーズ教○
・ネオナチ風軍産複合型奴隷教◎

・ファシストシオニスト万歳
・偽ユダヤ金融万歳
・カギ十字軍万歳
・ハーゲンクロイツ万歳
・テロノミクス万歳
・日本再占領万歳
・日本八つ裂き計画万歳
・不正選挙&不正支持率万歳
・リアルカイジ(賭博黙示録)万歳
・世界大恐慌万歳
・カルト資本の逆襲万歳
・徴兵制復活万歳
・カルト大日本帝国総帥万歳
・カルト帝国大本営、万歳

サヨ=朝鮮人×
ウヨ=朝鮮人〇


【ウヨクの正体】

・街宣右翼団体:構成員に在日朝鮮人多数。在日系暴力団の下部組織。

・統一協会:韓国発祥のキリスト教系の宗教右翼団体。自民党の支持母体。

・産経新聞:前身は世界日報。統一教会のほかヨイド純福音教会とも通ずる。

・自民党:党員に在日韓国人多数。選挙では在日党員と統一協会員が活躍。

・安倍晋三:朝鮮半島北部(山口県熊毛郡田布施)にルーツを持つ。地元在日社会(下関コリアンタウン)や統一協会と懇意。

・天志塾:韓国系新興宗教の信者が集う保守的な政治塾。安倍の後援組織。

・やしきたかじん:在日韓国人二世。ウヨ番組「そこまで言って委員会」委員長。




2014年10月20日月曜日

【辞任】小渕経済産業相「政治家としては一から出直そうと思う」

政治家としては一から出直そうと思う…小渕氏

2014年10月20日 15時51分



安倍内閣による女性登用の象徴的存在だった閣僚2人が、相次いで辞任することになった。

不透明な政治資金処理問題で小渕経済産業相(40)が20日、辞任を表明したほか、選挙区内への「うちわ」配布問題の追及を受けていた松島法相(58)も辞表を提出した。内閣改造からわずか1か月半。突然の辞任に、支援者らは驚きの声を上げ、対応に追われていた。

「(国会)審議に大きな影響を与えたことを重く受け止めている」

20日午前9時40分頃、100人以上の報道陣が詰めかけた経産省の記者会見場に濃紺のスーツ姿で現れた小渕氏は、深く頭を下げた後、そう切り出した。言葉を選ぶように、ゆっくりとした口調で「安倍政権の課題に何一つ貢献できなかった」「政治家としては、全て一から出直そうと思う」と繰り返した。

会見では、資金管理団体「未来産業研究会」が購入した物品を私的に利用したなどと指摘されていることについて、小渕氏は「政治活動の中で、様々な人と交流を持ち、人脈を広げることは重要な仕事の一つ。政治活動の経費として認められる」と話し、私的利用の意図を明確に否定した。

参照元 : 読売新聞


小渕大臣の地元、群馬の市民団体が小渕氏を東京地検に刑事告発したようです。逮捕も時間の問題でしょうか?辞任は当然ですが、刑事罰は問えるのか?これ明らかに、法律に違反してますよね?松島法相の逮捕も期待。二人共、辞任ではなくて議員辞職しなさい。小渕は金返せ。

<ネットユーザーの反応>
「人間として出直せ屑」
「まだ政治家やる気かよクズ」
「政治家として一から出直すってことは、議員も辞職するということだな」
「国会にお前の席、ねーから」
「まず議員辞職しろ」
「とりあえず金返せ。その後逮捕されればいい」
「刑務所で過ごした後でね」
「過去にここまで親父の顔に泥を塗りまくった政治家がいただろうか?」
「まず牢屋に入ろうや」
「出直す?その前にちゃんと説明しろ」
「政治家? 何言ってんだこのアホ女は。親の七光りで当選しただけの無能なバカ女が生意気言っちゃいけない」
「真紀子といい世襲の娘議員はダメっすなあwww」
「もう世襲制度も考えもんやな」
「無責任だな。やっぱり女に政治家は無理だ」
「刑務所からやり直すのか」
「その前に有罪にならんのかコイツ?」
「辞任じゃなくて辞職だろ。この糞が」
「ちゃんと1億返せよ、労役でな。50年位か?そしたら出直していいぞ」

ゴロツキ大阪市長・橋下徹と在特会の会長・ヘイト桜井誠が面談 議論にならず罵声合戦(映像あり)

本日2014年10月20日、大阪の橋下市長と在特会の桜井誠が大阪で面談した。政治家の橋下徹は桜井の「あんた」という言葉に反応、ヤクザ顔負けの高圧的な反論でスタート。その態度に向きになった桜井誠が暴言で応戦し、議論にならず6分足らずで面談は終了。これって茶番劇、プロレスですか?


橋下徹氏と在特会会長の意見交換 罵り合ってすぐ終了

2014年10月20日 14時00分

 

20日、橋下徹大阪市長と在日特権を許さない市民の会(在特会)会長の桜井誠氏「意見交換」が大阪市役所で行われたが、開始時刻の16時前に桜井氏は報道陣に意見。NHKが大事な部分をカットしたことに異議を呈した。

そして橋下氏は2~3分遅れた上で会場に到着。「宮本武蔵戦法」「巌流島戦法」などとニコニコ生放送では書かれた。

そして、橋下氏が到着した途端、両者はケンカ腰。「あんた」と桜井氏はが言ったところで橋下氏は「『あんた』じゃねぇだろ」と言い、桜井氏は「『お前』でいいのか」となり、最初からヒートアップ。

橋下氏は「大阪でそういう発言辞めろと言ってるんだよ」と在特会によるヘイトスピーチを辞めるよう発言。その後「うるせぇ、お前」「何だよお前」などとつかみかかりそうになり、SPや関係者が割って入る事態に。

橋下氏は「お前みたいなのは許せねぇって言ってるんだよ」「大阪でそういう発言をやめろ」「参政権をもってない在日にいってもしょうがねぇだろ。強いものに言えよ」と主張。

橋下氏は「国籍」という観点で在特会が差別をしていると述べ、制度を変えたいのであれば、国会議員に意見し、個人を告発すべきだと意見した。それに対し、桜井氏は日本人へのヘイトスピーチもある旨を伝えた上で、朴槿恵・韓国大統領を告発すべき個人名として挙げた。

その後、橋下氏は「とにかく大阪ではお前みたいな活動はいらん。政治的な主張と通常の主張に変えろと言ってるんだ」と言い、「帰れ」と伝えたところ、桜井氏は「お前が帰れ」と反論すると「施設管理権は大阪市にあるから帰れ」と言うと、桜井氏は「(かつて橋下氏が顧問弁護士を務めていた)飛田新地に帰れー!」と意見した。

結局30分の予定だったこの「意見交換」は約8分で終了した。

参照元 : アメーバニュース


桜井誠はいつもの態度だったが、公僕である橋下の口調は今まで見た事もないガラの悪い態度だった。

面談の様子はこちら





<ネットユーザーの反応>
「ハシゲの得意なソントに持ち込んだのね?(´・ω・`) 」
「コントか?」
「イヤだね大阪の人間は」
「桜井誠氏も相手を味方に付けるなら最初からけんか腰はいかんだろ」
「プロレスか。脚本が前から作ってあったんだろうな」
「底辺の戦いw」
「橋下は敵認定してる相手には例え相手がどんなに下手に出ても絶対に与しない奴だから、これでいいんじゃない?」
「もうちょっと双方とも理論的な議論をしてくださいorz」
「プロレスっぽくて面白いwww」
「野蛮な土地だなw」
「飛田新地に帰れっか。名言だなあ。有効か?」
「なんだこの茶番w」
「子供じゃないんだから議論じゃ無く口論で勝ち負けってのもどうかと思うけど」
「だれがなんのために企画したの?」
「ほぼ同じレベルの戦いやね。体重じゃないけど」
「誰得会も大阪市長も小学校低学年レベルって・・・どうしようもないな」
「財特会の会長がキチガイすぎてワロタ。これ野々村議員と今年のキチガイ大賞争えるぞ」
「礼儀を弁えないネトウヨ。罵倒しか出来ないネトウヨ。おや、まるで朝鮮人のようだ。噂通り、やはりネトウヨは朝鮮人なのだろうか」
「これは確かにプロレスだねw」
「まぁ確かに恐ろしく底辺の戦いだったが論戦としては桜井氏の方に分があったようには見える。しかしこんなんじゃ双方何も得るモン無いだろw」
「どっちも問題児だからなぁ。こいつらとしばき隊と早く日本から消えてくれないかなぁ」
「ニコ生視聴者の精神年齢に合わせた討論だったんだろ(笑)楽しめて良かったじゃん」
「なんという低次元な争い…」
「橋下市長:キチガイを相手にしたことマイナス。在特会:元々失うものが何もないし、世間はキチガイだと思ってるからプラスマイナスゼロ。こうして見ればネトウヨ会長の勝ちかもしれないなwネトウヨww」
「喧嘩腰じゃなく、普通に論破すればよかったのに」
「動画見たけど桜井おかしい。いきなり喧嘩腰はだめだろ」
「プロレスも在チョンレスラー多いよな。そういうことかw」
「馬鹿が露呈したな。在特会って、単なる迷惑団体」
「最初にあんたって言ったのにお前って言われて詰め寄るってどういうことなん?」
「同レベル同士の罵り合い、子供の喧嘩。そもそも何をしたかったのだろう」
「まともに議論してもネトウヨ会長の負けは確実だから、最初から討論潰しの作戦だろうww」
「通名桜井がクソ過ぎる。本当に主張したい事があるなら政治に興味ないなんて言わないだろ。永住制度は行政、政治なんだから」
「橋下もこんなもんか。ちゃんとしたリベートもできない。日本の政治家情けなしだわ」
「橋下は発言注意しろ」
「在日が弱者ってのは、正に部落らしい発想だな」
「どっちが正しいかはどうでもいい。どっちが得したのかが重要。そういう意味では在特会の勝ちだな」
「開始一分以内で駅前でチンピラ同士の肩のぶつかり合いみたいな展開はさすがに予想外だったw」
「なんだ、最初に桜井が「おまえ」って言ってるのか。悪い言葉使ってるが、橋下の方が筋が通ってるじゃないかよ」

今回の橋下と桜井のバトル面談は茶番劇、プロレスです。維新の会の候補者に元在特会メンバー

元在特会メンバーが公認候補に 維新・松井氏「取り消さない」

10月20日(月)15時18分配信



来年4月の統一地方選で大阪維新の会が擁立する公認候補に「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元メンバーが含まれていることが20日、分かった。維新幹事長の松井一郎大阪府知事は同日、府庁で記者団に「すでに脱会し、現在は在特会に批判的な立場を取っている」とした上で、「間違いに気づき、再チャレンジしようとする意図は認める」と述べ、公認を取り消さない方針を示した。

維新関係者によると、元メンバーは、来春の同府吹田市議選に立候補予定の会社員の男性(38)。松井氏によると、男性は維新の聞き取りに、「3年前に(在特会の)活動はおかしいと考え、脱会した」と説明し、公認決定後に元メンバーと分かったという。松井氏は「間違った団体に所属することもある。反省し、人のために働きたいという人には再チャレンジの場を与える」と述べた。

参照元 : 産経新聞






2014年10月19日日曜日

政治資金のデタラメが表面化している小渕優子経産相(40)に政治資金規正法違反の疑い 「使途不明金1億円」に到達

小渕経産相「使途不明金1億円」に到達…政治生命の危機も

2014年10月18日



「初の女性首相」どころか、政治生命すら危うくなってきた。政治資金のデタラメが表面化している小渕優子経産相(40)にまた新たな疑惑だ。12年に後援会主催の観劇会を開催したはずが、政治資金収支報告書に一円の記載もなく、政治資金規正法違反(不記載)の疑いが出てきた。「小渕疑惑」はいよいよ底ナシになってきた――。

■「開催した」観劇会の収支が「記載ナシ」

新疑惑が明らかになったのは、17日の衆院経産委員会だ。小渕大臣の関連団体「小渕優子後援会」と「自民党群馬県ふるさと振興支部」の“観劇会の怪しい収支”を民主党の近藤洋介議員が追及。小渕大臣は総選挙があった12年も観劇会を開催したことを明かしたが、近藤議員に「12年の報告書に収入も支出も記載がない」と指摘されると、シドロモドロ。「今回初めて知った」と答えざるを得なかった。

近藤議員は「極めて違法性の高い管理をしている。(参加者から)参加費を取っているなら、使途不明金は1億円ほどになる」と畳み掛けた。実際、観劇会は07年から7年間も続いている。近藤議員の指摘通り、使途不明金が「億単位」に膨らんでもおかしくない。

委員会ではこのほか、維新の今井雅人議員が、小渕大臣の資金管理団体「未来産業研究会」の「物品購入」について質問。政治資金で支払った09~12年分「品代」の詳細を示した。その「リスト」を見ると驚くような内容ばかりだ。

三越銀座、三越本店、松屋銀座、ジュンアシダ……購入先は都内の高級百貨店や有名ブランド店ばかり。1回当たりの支出額は軒並み数万~数十万円に上る。

小渕大臣は09年9月に次男を出産、同時期のお買い物リストを見ると、「赤ちゃん衣服3点」や「玩具や子供服」に約9万円が支出されていた。「自分の子どもに買ったのではないか」と突っ込まれた小渕大臣は「世話になっている方のお子さんの出産祝い」とシレッと答えたが、支出項目はいずれも「事務所費」や「組織活動費」だ。なぜ、出産祝いがそれに該当するのか。政治資金の私物化を疑われても仕方がない。

「政治家以前の問題です。これだけ多額の政治資金に疑念が抱かれているのに、まるで他人事。コトの重大さが分かっていない」(政治評論家の山口朝雄氏)

松島法相同様、刑事告発されるのも時間の問題だ。

参照元 : 日刊ゲンダイ


もうこれは、野々村をはるかに上回るかなり悪質な犯罪です。政治資金規正法違反で逮捕せよ。任命した安倍晋三は責任取って内閣を解散しろ。

<ネットユーザーの声>
「ののちゃんAA、よろw」
「辞職マダー☆ 逮捕はよ!」
「5なら懲役5年」
「ニュースで初めて知ったって、やっぱ秘書が有能(笑)だったんかな」
「さて、安倍内閣で何回くらい経産大臣が変わることになるかな。農水大臣は何回だったっけな?」
「でもよかった。これで女性の社会進出とかいう馬鹿げた思想が広まらなくて済むね」
「コリン星にネギ送りましたといいなさい」
「野々村とどっちが悪い?」
「号泣会見やれよ、一発逆転だよ」
「消えればいいよ。この程度の人間なんだろ。てか消えろ」
「小渕はクロってことでオブクロとして歌手デビューするのよ。二児のオフクロだし」
「親父もNTT問題があっただろww 一家そろって犯罪者なんだよ」
「自民党らしい犯罪」
「辻本と一緒に韓国に貢いでた奴だからなあ」
「イスラム国でならもう殺されてるな」
「俺が民主の国会議員なら小渕辞任→安倍の任命責任を追及するな」
「金持ちのお嬢さんなのに手癖が悪いってどうなのよ」
「経世会を取り締まるための法律。政治資金規正法」
「逮捕は来週かな」
「完全に詰んだな。ゆうこに期待した俺は大馬鹿だった。あべしは更に上を行く馬鹿だなぁ」
「お父さんの時代は同じことしても問題にならなかったの?昔はそんなに緩かったんだ?」
「こんなことしている議員、他にもいるんじゃないの?」
「これ許したら選挙が買収合戦になって金持ってる奴以外当選できなくなるんだが」
「というかコイツの面倒見ていた派閥はどこだよ」
「アホすぐる。あからますぎやん。」
「何が政治生命の危機だボケ!危機じゃねーよ。終了だよ終了」





2014年10月18日土曜日

嫌韓ネトウヨが敵視する在日韓国人ライターの李信恵さんは元違法SMクラブの女王だった

ネトウヨが敵意向き出しで中傷している在日韓国人ライターの李信恵さん、SMクラブ女王様勤務の過去がバレる。しかも、違法SMクラブだった!





 

夢楽園プロフィール(魚拓)

以前から本人は、この事を全く隠してませんでした。なのにネトウヨは大喜びではしゃぐ。





マンション1棟使って違法ヘルス 大阪府警が摘発

2008/08/29

SMクラブを装って違法にファッションヘルスを営業したとして、大阪府警保安課と曽根崎署は29日、風営法違反の疑いで、大阪市北区池田町のSMクラブ「夢楽園」経営者、松本知可子容疑者(45)ら3人を逮捕したと発表した。松本容疑者は6階建てマンション1棟全20室のうち19室を借り上げてSMクラブを営業。

個室を使ってヘルスの営業も行っていたといい、1年間に約1億円の売り上げがあったという。調べでは、松本容疑者は28日午後9時ごろ、府条例で風俗店の営業が禁止されている小学校から200メートル圏内のマンション個室で、男性客に対しSMクラブの女性従業員(27)に性的サービスをさせた疑い。

参照元 : ヤフーニュース

<ネトウヨの反応>
「なるほどな」
「リシネ!国外退去させよ!」
「風俗の方ですかw」
「本人隠してないじゃん。違法てのが新ネタ?」
「下衆の極み」
「しばき隊には 身内割引とかしてたんだろうな」
「恐ろしいのはリシネのこの経歴がリシネの上げ下げに関係ないということだ」
「一応風俗も水商売だけどw キャバ嬢とモンキービジネスは全然違うわなぁw」
「鶴橋に 女王様の像を建てましょう!」
「しばき嬢だったのか」
「SM嬢経験者か。w 2チャネラーにとっては、話題豊富過ぎる人だね」





甘利明経済再生・TPP担当相「原発再稼働しないと、二酸化炭素の増加で地球の温暖化が進む。デング熱の流行はその結果だ」

「再稼働しないとデング熱流行」と強弁 “原発守護神”甘利明再生相

2014年10月16日



■甘利明経済再生・TPP担当相(65=神奈川13区、当選10回)

早々に留任が決まった。理由は、安倍政権にとって重要課題であるTPP交渉の継続性だ。改造直前には、幹事長就任のウワサが急に出回ったが、番記者に対して「幹事長と大臣の兼務もアリだな」と軽口を叩く余裕ぶりだった。

もっとも肝心のTPPは暗礁に乗り上げている。9月下旬にワシントンで開催された日米閣僚協議は物別れに終わり、年内合意は絶望的だ。

「甘利さんは、交渉決裂は自分のせいではないと思っている。裏では『こっちが譲歩してやったのに米国が蹴りやがった』『それもこれもオバマに力がないからだ』と言いたい放題です」(全国紙TPP担当記者)

●経歴 県立厚木高校から慶大法学部。ソニーを2年半で退社し、新自由クラブの衆院議員だった父・正の秘書を9年務めた。父の引退に伴い、83年の総選挙で初当選。3年後に新自由クラブが解散し、自民党入りした。山崎派の有望株だったが、後から入った石原伸晃が派閥を継承したため、退会。派閥横断の「さいこう日本」を立ち上げた。安倍の盟友で、12年の総裁選では選対本部長。第1次内閣でも経産相に起用され、安倍政権での在任期間は全閣僚の中で最長だ。昨年、舌がんが見つかって辞意を伝えたが、安倍に慰留されて続投した。

「原子力ムラの守護神」と呼ばれる原発推進派。東電は電力業界からみた議員の重要度や貢献度によって、パーティー券の多額購入などで厚遇しているが、甘利はその上位ランクホルダーで、麻生太郎、石破茂、石原伸晃とともに「原発4兄弟」とされる。

この夏、都内でデング熱の感染者が見つかった際は、NHKの「日曜討論」(9月7日)で、「原発再稼働しないと、二酸化炭素の増加で地球の温暖化が進む。デング熱の流行はその結果だ」と発言。風が吹けば桶屋が儲かる式のこじつけ理論で再稼働を正当化した。

●鑑定団 公式サイトで好きな番組に挙げている「開運!なんでも鑑定団」の8月12日放送に登場。甘利が持参した“お宝”は、ヤンキースの田中将大投手が楽天時代の初完封試合(07年6月13日)で着ていたサイン入りユニホームだ。鑑定額は200万円。試合の数日後に楽天の三木谷社長からもらったというが、当時の甘利は第1次安倍政権の経産相。「収賄疑惑」と週刊誌に書かれた。この収録は、自民党候補が負けて政権に大打撃を与えた滋賀県知事選前日の7月12日に行われた。

●ダイエット 減量のためウオーキングを始めた。

「大の甘党で、好物はメロンパン。とんかつやステーキ、ラーメンなど高カロリーな食事にも目がない。お腹回りの脂肪でスーツの一番下のボタンが留まらなくなってきたことを気にしているようです」(自民党関係者)

最近は議員宿舎まで歩いて帰宅することもある。

参照元 : 日刊ゲンダイ


”甘利はその上位ランクホルダーで、麻生太郎、石破茂、石原伸晃とともに「原発4兄弟」とされる。”

原発アホ4兄弟、いや売国4兄弟です。

うわあー、甘利、ここまで痛いとは思わなかった。原発再稼働とデング熱を強引に結び付けるとか、狂ってるとしか思えない・・・
そりゃ暖かくなれば、生物の活動は活発になるだろうけど、ここまで何でもかんでも地球温暖化の所為にしてしまえる脳の持ち主が日本の政治に関わってるって事実に恐怖を覚える。

<ネットユーザーの反応>
「すごいことを言っている。支持者の質がまるわかりだな」
「甘利神拳の使い手って追加しとけ」
「バカしかいない安倍内閣」
「風が吹かないと桶屋が儲からない」
「東京電力から多額の政治献金を受けていた?」
「一方、官邸ではバカが流行している模様」
「また随分と遠回しな皮肉だな」
「キチガイやな」
「デング熱と原発再稼働とは面白い視点だ。本当に言ったのなら馬鹿だとは思うけど」
「原発が再度、福島みたいになったら責任を取るということだな。まあ最低、議員はやめるべきだな」
「なんだ もう朝鮮人ってこと隠さなくなったのか安倍内閣は。ネトウヨもそろそろ日本人の皮剥げよ。自民党が一足先に本性だしたぞ」
「風桶に近いかもね」

【速報】小渕優子大臣が辞意 逮捕はまだですか?

小渕経産相が辞意 政治団体収支問題で首相周辺に

2014/10/18 2:00



小渕優子経済産業相は17日、関連政治団体や資金管理団体の不透明な収支を巡る問題の責任を取って辞任する意向を安倍晋三首相周辺に伝えた。首相が18日にイタリアから帰国するのを待って進退を協議する。女性活躍を掲げる第2次安倍改造内閣の看板だった小渕氏が「政治とカネ」の問題で辞任すれば、政権運営に大きな打撃となる。

問題となっているのは小渕氏が関係する政治団体「小渕優子後援会」と「自民党群馬県ふるさと振…

以下略

参照元 : 日本経済新聞


辞意は当然だが、逮捕はないのか?これって犯罪ですよね?小渕を任命した安倍の責任は?

<ネットユーザーの声>
「当たり前だ」
「議員辞職まであるで」
「逝ったあああああ」
「とりあえず1チャプター終わり」
「議員辞職で引退だろ?大臣を辞めるだけなら意味が無い」
「不透明な収支とかよりも、無能で何もできないこんなやつを大臣にする方が間違っている。日本を滅ぼしたいのか」
「国会議員も辞めるべきだろ」
「大臣辞任→離党→議員辞職→逮捕」
「グンマーって中曽根とかこいつとか悪い奴ばっかり選ぶよな。マジ池沼なんだろうな」
「安倍が切ったんだろうさ。第一次安倍内閣で閣僚庇って、自分が総理クビになったから」
「ただ大臣やめても、ダメだろうな。確実に特捜部はロックオンするだろう」
「下痢終了」
「男女関係なく、無能をトップに据えるな」
「検察は逮捕しろよ。庶民には消費税押し付けといてお咎めなしはなしだぜ」
「おやじさんもあの世で怒ってるだろうな、アウアウアーって…」
「辞職というか、留置所にぶち込むレベルだろ」
「これが総理候補だってんだから自民党も酷いとこだな」
「これ大臣辞めるだけじゃとても済まないでしょ。だって野々村は刑事告訴だよ、額は彼の桁違い、どうすんの?」
「安倍はいつもお友達内閣で、ろくな友達がいない。前回と同じじゃん。もう消えてくれ」


2014年10月17日金曜日

松島法務大臣が有権者に「うちわ」を配った問題で、民主党の階衆院議員らが公職選挙法違反の疑いで刑事告発

「うちわ配布」の松島大臣を刑事告発 民主党議員

2014/10/17 14:40



松島法務大臣が選挙区内で有権者に「うちわ」を配った問題で、民主党の階衆院議員らが公職選挙法違反の疑いで東京地検へ刑事告発しました。

民主党・枝野幹事長:「法務大臣という立場で、本当にこれでいいのかと。これはいわゆる政治の場面だけで決着をつけてしまっていい問題でもない」

松島大臣は地元の夏祭りなどで約2万2000本、金額にして約175万円分の「うちわ」を討議資料として配っていました。民主党は、これが公職選挙法で禁止されている有権者への寄付行為にあたるとして、17日午後、階議員らが東京地検に松島大臣を刑事告発しました。民主党は引き続き国会の場でも松島大臣を追及する方針です。

参照元 : テレ朝ニュース






決定的証拠も飛び出し…松島法相「公選法違反」で辞任秒読み

2014年10月17日



はたして、いつまで耐えられるのか。松島みどり法相(58)が連日、火ダルマになっている。15日の衆院法務委では、民主党議員から「公選法違反」の決定的な証拠を突きつけられ答弁に窮している。

自分の名前、似顔絵、肩書の入った「うちわ」を選挙区の盆踊り会場で配ったことが“公選法違反”にあたると追及されている松島大臣。

しかし、落選中の浪人時代は、同じように「うちわ」を作って配ってはいたが、名前も似顔絵もない、ひまわりのロゴが入ったシンプルな「うちわ」だったという。ひまわりは松島大臣のシンボルマークで、松島後援会の人間には馴染みのある絵柄だったという。

質問に立った民主党の柚木道義議員の調査によると、松島大臣は、当時、関係者から「名前や肩書を入れると公選法違反になる」と指摘を受け、シンプルな「うちわ」を作ることにしたという。要するに、名前や似顔絵の入った「うちわ」を配ることは公選法に抵触すると分かっていたということだ。ところが、自民党が政権に復帰してから、名前入りの「うちわ」を作りはじめている。

■「討議資料」と反論してさらに墓穴

「恐らく、急所を突かれたのでしょう。柚木議員から、なぜ、かつては名前も写真もないうちわを配っていたのか、と追及された松島大臣は顔から表情が消え、質問に正面から答えようとしなかった。“ひまわり”のうちわを作った経緯を知る人物を国会に呼ばれたら、終わりだと思ったのでしょう」(自民党関係者)

しかも、松島大臣は墓穴を掘る発言をしている。柚木議員に対して「うちわではない」「討議資料だ」と反論し、実際、「うちわ」には討議資料と印刷されているが、討議資料を不特定多数に配ることも、これまた公選法で禁じられている。どうやら、松島大臣はその法律を知らなかったらしい。

柚木道義議員が改めて言う。

「法務大臣に就任したら、うちわの配布を自粛するのが当然です。ところが、松島大臣は法相に就いたら、それまで以上に熱心に配っている。“経産副大臣”と印刷された上に、わざわざ“法相”と書いたテープを貼って配っています。大臣に就任したことでうちわを欲しがる有権者が増え、喜んで配ったようですが、法を守るべき法務大臣が、これでは話になりません」

松島大臣は、日を追うごとに声が小さくなり、表情が乏しくなっている。15日は、「うちわ」問題だけでなく、献金についても追及された。もはや、辞任は時間の問題ではないか。

参照元 : 日刊ゲンダイ


“疑惑うちわ”ヤフオクで高値 松島法相「公選法」でクビ必至

2014年10月11日



選挙区の祭りで、自分の顔のイラストが入ったうちわを配った松島みどり法相がいよいよ、追い詰められてきた。公職選挙法は選挙区内で候補者が有権者に対し「物品(有価物)の寄付」をすることを禁じている。松島は国会答弁で「有価物ではなく法律の内容などを記した印刷物」で逃げ切ろうとしたが、このうちわがヤフオクで2000円以上の高値を付けているのである。しかも、松島が配っていた「物品」はうちわだけじゃなかった。こりゃ、どう考えても「アウト」である。

今月7日の参院予算委員会で民主党の蓮舫議員が追及したうちわ疑惑が拡大の一途だ。問題のうちわがヤフオクで大人気、9日は一時、3000円の値を付けた。その後、少し下がったが、2000円以上で値段も付いて、いよいよ、「物品ではない」という言い逃れは通用しなくなっている。

これがウッカリですまないのは、政治家であれば、公選法199条が物品の寄付を禁じていることを誰でも知っているからだ。

「ですから、こういうものを配るときは政治資金を出してもらっている人が集まる会合だけにするなど、とりわけ、気を配るのが常識」(民主党議員)だという。

■法相就任で新バージョン、カレンダーも配布

それなのに、松島は選挙区内のお祭りで、のべつまくなしにうちわを配った。法相に就任すると、新たなバージョンを作って、さらに配った。

「それだけじゃありませんよ。松島大臣は昨年末にも自分の名前が大きく入ったカレンダーを作って配っています。カレンダーだって、ただじゃできない。このカレンダーが選挙区内のあちこちで張られているのです。しかも、よく見ると、自由民主党東京第14選挙区支部長の肩書も入っている。ここが巧妙なところで、政党の支部が物品を配ったときには罰則規定がないのです。松島大臣はすべてを知っていて、確信犯的にやっていたとしか思えない。法相としての順法精神が問われると思います」(蓮舫参院議員)

たかがうちわやカレンダーじゃないか、と言ってはいけない。埼玉県のHPには寄付禁止Q&Aというページがある。そこにはまさしく、「政治家が自分の名前の入っているうちわやカレンダーを選挙区内の人(親族を除く)に対して贈ることできますか」というQがある。答えはこうだ。

「寄付の禁止に該当し、できません」

松島のうちわ、カレンダー配布は明確な法律違反であって、刑事告発される可能性が濃厚だ。その際、安倍首相はかばうのか。それこそ、命取りになることを肝に銘じておくべきである。

参照元 : 日刊ゲンダイ


法務大臣が法律を守らない国・・・日本は完全に終わってます。警察は松島大臣を公職選挙法違反で逮捕しろ。社会不適格者を大臣に任命した安倍首相も責任を取って辞めるべきである。国民の為に働かない安倍政権は解散せよ。

<ネットユーザーの反応>
「もうチラシもハガキもダメだな」
「頼むから頼むから仕事してくれよ・・・」
「頭数だけで、仕事しそうもない人選んだ結果だから」
「マツシマ憤死w 議員辞職しないとダメでしょw」
「辞める前に死刑囚を何人か吊っちゃってくれ!」
「法律破る常習犯、松島。ウチワも禁止されていたのに確信犯で脱法」
「もう完全に犯罪者そのもの」
「簡単なルールすら守れないのかよ」
「うちわはどーでもいいがあの言い逃れはダメだな。今後しゃべる事全てが嘘にしか聞こえない」
「女ってだけで起用するからこんなことになる。安倍首相の人を見る目はまったくないのは、第一次安倍政権で勉強しただろうに」
「能力で選ばずに女ってだけで選ぶからこうなる」
「法務大臣が法律をないがしろにしちゃだめだろうね」
「ちわだけならブーメランで済んだけど、法相になってからのカレンダーはちょっとまずかったな」
「島終了だな。罷免される前に辞任したほうがいいだろ。みっともない」
「松島はネトウヨのアイドルなの?毎日松島でシコってるの?」
「法律守る気ない奴を法相にするとはさすが安倍。景気悪いしそろそろ辞めたくなってきたか」
「任命する前に本人に聴き取りとかしないのか?」
「アホノミクスの化けの皮が剥がれてきたし、財務省も今度の消費税増税決めたら安倍ちゃんも用無しと見限って、ボロがあちらこちらから出てくる」
「犯罪じゃねえか。さっさとクビにしろや」
「松島と蓮舫、どっちも辞職すれば丸く収まる」
「配ることによる宣伝効果がゼロとは言わないけど、こんなリスクを冒してまで配る理由が全く分からない」
「さっさと辞めろ糞ババァ」
「法律を知らない法務大臣ww」
「このババア、話し方からしてせいりてきに受け付けない」

 

松島みどり

元朝日新聞記者

日韓議員連盟
日中友好議員連盟
例外的に夫婦の別姓を実現させる会
自民党遊技業振興議員連盟
パチンコチェーンストア協会政治分野アドバイザー
風営法議連

【松島みどり】(東京14区・自民党)
秘書が、衆院選公示前の5月下旬から6月初旬にかけて投票を呼びかける違法文書を大量に配布したとされる公選法違反容疑で、2000年8月14日までに書類送検された。

KSDから210万円の献金を受けていた。

赤い服は中国共産党への忠誠の証。
中国共産党成立90周年を祝賀。中国書法交響音楽会、人民大会堂で盛大に開催。中国書法家協会の90人の書家がそろいの赤い服に身をつつみ、楽曲にそって四曲の歌詞を書き、一人の書家あたりの長さは15メートルになった。

中国共産党成立90周年を祝賀 中国書法交響音楽会 人民大会堂で盛大に開催

日本アミューズメントマシン協会設立で松島みどりが挨拶

一般社団法人日本アミューズメントマシン協会

帝京大学から架空給与

帝京大学グループの関連会社「帝京サービス」(東京都豊島区)が、自民党の松島みどり衆院議員=東京・比例代表=と社員契約を結んだように装い、1996年から4年間に計約3000万円を給与名目で支払ったのは架空経費の計上に当たるとして、東京国税局から約400万円の追徴課税を受けていたことが10日、分かった。


関係者によると、帝京サービスは松島氏に支払った約3000万円について人件費として計上。これに対し、東京国税局は松島氏が勤務している実態がないため、仮装・隠ぺいを伴う税務上の不正と認定した。

松島氏はこの約3000万円について源泉徴収を受けていたが、国税局は雑所得と認定した。松島氏は既に修正申告している。経理ミスなども含め、帝京サービスの申告漏れ総額は約5000万円とみられている。

ところで、松島は返金したのか?

帝京大学側から国会議員(元議員)の政治団体への献金
(1995~2000年、パーティー券含む、数字は万円)
国会議員名 金額 献金者うちわけ
亀井 静香(衆) 1399 冲永荘一800恵津子499
帝京サービス100
松島みどり(衆) 900 冲永荘一600帝京サービス150
三荘企業150
宮路 和明(衆) 600 冲永荘一600
亀井 郁夫(参) 200 冲永荘一100恵津子100
山東 昭子(参) 100 冲永荘一100
塩崎 恭久(衆) 100 冲永荘一100
古屋 圭司(衆) 100 冲永荘一100
森岡 正宏(衆) 10 帝京サービス10
仙谷 由人(衆) 200 冲永荘一200

東  祥三(衆) 100 冲永荘一100

【安倍下痢内閣の裏の顔】 

■安倍晋三………日・韓議員連盟、韓国統一協会
■麻生太郎………日・韓議員連盟、日韓協力委員会、日韓トンネル研究会
■太田昭宏………創価学会
■松島みどり……元朝日新聞記者
■谷垣禎一………日・韓議員連盟
■林芳正…………日中友好議員連盟、ちょうせん通信使交流議員の会
■茂木敏充………日・韓議員連盟、日・朝国交正常化推進議員連盟
■岸田文雄………日・韓議員連盟
■下村博文………日・韓議員連盟、外国人材交流推進議員連盟
■甘利明…………日・韓議員連盟、日・中友好議員連盟
■石原伸晃………日・朝国交正常化推進議員連盟
■山本一太………日・韓議員連盟、外国人材交流推進議員連盟
■菅義偉…………日・韓議員連盟

【補足】
■下痢内閣が個人情報収集アプリケーション『LINE(発祥が韓国)』を愛用





【デタラメ政治資金】小渕経産相更迭か?自民党内から「これはもうアウト!議員辞職もある」という声まで

安倍官邸「小渕経産相更迭」へ…シロウト対応に愕然、見限る

2014年10月17日



突如浮上した「デタラメ政治資金」。小渕優子経産相(40)は早速、16日の参院経産委員会で野党の追及を受けたが、その答弁や対応を見た安倍官邸や自民党執行部は、小渕経産相のあまりのシロウトぶりに頭を抱えているという。

観劇会の収入と支出が合わない問題や公私混同が疑われる支出について、小渕経産相は「ひとつひとつ確認したい」と答弁した。まったく説明ができないのだから当然だが、執行部のベテラン議員はこう言った。

「調査途中なのだから、<政治資金規正法にのっとって処理していますが、現在調査中なので、あらためて報告致します>などと答えるべきでした。<ひとつひとつ>なんて自分から言ってしまったら、すべて出さざるを得ない。そもそも収支報告書の収入と支出が何千万円という単位で合わないなんて、初歩的すぎて愕然です」

ベビー用品やアクセサリーに政治資金を使っていたことにも同僚議員は唖然としている。

「政治資金の公私混同は過去に何度も問題になっている。だから、最近はみな支援者とクラブに行っても、疑われるのがイヤなのでポケットマネーで支払っていますよ。ベビー用品やアクセサリーを政治活動費とするなんて、いまどき“感覚”がズレています」(自民党中堅議員)

■「修正申告」で乗り切るハラが…

一番困っているのは安倍官邸だ。小渕経産相は女性登用の目玉大臣。そのうえ、原発再稼働を乗り切るため「主婦で母親」は適任と考えていたから、なんとか小渕経産相を温存したいと「修正申告」で乗り切らせるつもりだった。ところが、新聞・TVが大きく取り上げ、野党は連日、委員会で攻勢を強める方針。政倫審の声も上がり、庇いきれなくなってきた。

「自民党内では<これはもうアウト。議員辞職もある>という声まで出ています。すでに松島法相の資質が追及されている中で、より深刻な小渕問題まで引っ張れば政権を揺るがしかねない。菅官房長官の<小渕氏が確認して説明する>という発言はもはや“見限った”ように聞こえます」(前出のベテラン議員)

小渕経産相の政治生命だけじゃなく、一強独裁の“潮目”も変わりそうだ。

参照元 : 日刊ゲンダイ


安倍内閣は早速、トカゲの尻尾切りですか(笑) 更迭は当たり前なんですが、安倍信者のボンクラたちは「安倍さん良い決断」「安倍ちゃんGJ!!」とか言うんでしょうか?

小渕大臣を任命した安倍晋三の責任は大きい。安倍も責任を取って辞任するべきだ。

しかも更迭だけでは甘すぎる。政治資金を全て返金させ、罰金も取るべきだ。小渕を逮捕しろ。そして、二度と選挙に出馬させるな。


どこが問題? 小渕大臣 政治資金の収入と支出…

2014/10/17 15:57



小渕優子大臣の政治資金を巡る問題。改めて、どこが問題となっているのかをまとめます。まずは、小渕大臣の後援会の関係者らとの観劇会の費用についてです。

小渕大臣の説明では、観劇会は毎年開催されていて、1人につき「1万円ちょっと」の会費を集めていたということです。このうち2010年と2011年に行われた「観劇会」の収入は、収支報告書によりますと、約742万円。

一方で、小渕大臣の関係政治団体から入場料・食事代として約3384万円の支出が報告されていました。その差額は約2600万円。この差額を後援会などが補填(ほてん)したのなら、選挙区の有権者への寄付にあたり、公職選挙法に抵触する可能性があります。

また、「観劇会」の会費による収入を少なく申告していたとしたら、政治資金規正法の虚偽記載にあたる可能性があります。一方で、政治資金の使い方そのものも追及されています。

親族の経営する店に本代や品代として、2年間で330万円の支出。また、事務所費や組織活動費としてベビー用品や化粧品などを計上するなど、17日も公私混同なのではとの指摘が相次ぎました。

参照元 : テレ朝ニュース




【小渕優子大臣、デタラメ政治資金・ここまでのまとめ】

・ベビートドラー3点            1万4千円余 
・銀座の百貨店でストール          1万5千円余 
・港区のホテル内の葉巻ショップ       1万1千円余 
・銀座の百貨店のギフトサロン・商品券売り場 5万円 
・銀座の百貨店の婦人靴・バッグ売り場    1万9千円余 
・銀座の百貨店で化粧品           1万5千円余 
・銀座の百貨店の子供・玩具売り場 5件   15万円余 
 →内、4万1580円は11年のクリスマスイブに支払われた 
・日本橋の百貨店で下着           約4万4千円 
・デザイナーズブランド品          約68万5千円 
・後援会など4団体が約6529万円を明治座に支出 
 →参加者の参加費収入との差額は合計で約5330万円に上る 
・実姉の夫が経営する服飾雑貨店に“品代”として362万円を支出 
・下仁田ネギ送料代             61万1510円

<ネットユーザーの反応>
「女性枠の弊害を世に知らしめてくれましたね」
「自民に入れた人は後悔してないの?」
「政治資金で私用の買い物するのは身体検査の項目に無かったんだな」
「汚いカネの話が出てこなくたって、こんなの大臣にすんじゃねえよと思うが」
「あれぇwwwwww お得意の任命責任は何処に行ったんですかねぇ下痢総理www」
「議員辞職もありえるとかネトサポが書いてるのか。自民党の解散だろうが自己責任」
「親中・親韓派だから更迭でよい。女は使えないと分かっただけでもよい」